PTコピーライターの食卓

二子玉川在住、個人事業主のテーブルトーク

スーパーの総菜コーナーの現状

仕事が終わった後、スーパーでの買い物を楽しんでいますが、最近では惣菜コーナーは完売災害時によくみられるように防衛本能を反映したものでしょうか。

f:id:NoelCorporation:20200226183134j:image

午後8時ごろに仕事を終え、それから食事の準備をするのが面倒なので、そんな時はスーパーに買い出しに行きます。近所だとオオゼキやサミット、ライフ、東急ストアですかね。

高島屋やライズの地下食品店売り場も利用しますが、なるべく人込みは避けるようにしています。

最近気づいたのは、スーパーにはほぼ同じ時間帯に訪れるのですが、総菜コーナーは完売のケースが目立つ、ということ。

昨日は近所に住む親せきから餃子を買ってくるように頼まれ、ライフで購入しようとしたのですが、売り切れ。他の店舗を探したのですが、同じでした。餃子に限らず、他の商品も同様です。

ここ数日、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大し、日本でも先行きの経済への影響が懸念されています。その警戒感が急速に広がったためでしょうか。

首都圏を直撃した昨年の台風19号の際も、似たような状況だったのを思い出しました。

さらに過去へと遡ると、2011年の東日本大震災ですね。その時はオフィスから徒歩で帰宅しましたが、途中で通りがかった飲食店はどこも満席で行列ができていました

食べられる時に食べておく、という防衛本能と理解できます。

スーパーで完売になるのが感染拡大の影響だとすれば、今後の食生活を考えなければなりません

(おわり)