PTコピーライターの食卓

二子玉川在住、個人事業主のテーブルトーク

白菜と豚肉のミルフィーユ アレンジ失敗例はこちら

白菜と豚肉を重ねてミルフィーユ状にした料理が、以前から気になっていました。画像を見てメンドくさそうだなと思っていたのですが、途中までお膳立てしたものをスーパーで発見したので、作ってみました。

f:id:NoelCorporation:20200130111608j:image

白菜と豚肉を大体同じぐらいのサイズに切り、ハイ白菜、次豚肉、それから白菜、そして豚肉・・・と1枚1枚重ねていくのでしょうか。中高年の男のそんな姿は、侍が傘の修理でもしているようで寂しげですよね。

見るからに手間がかかりそうなので、自分ではまず作らないだろうと思っていました。半面、あのミルフィーユ感には何とも心惹(ひ)かれます。そんな時、ライフ桜新町店で偶然発見したので、思わず買っちゃいました。

f:id:NoelCorporation:20200130111713j:image

いざ作ろうとして、手が止まってしまいます。注意事項として「お好みに合わせて味付けを」と書いてありました。「途中まで作っといたんで、あとヨロシク」というスタイルですね。そう言われてもねえ・・・。

「ミルフィーユ」という名前からして、コンソメ味なのだと思い込んでいたのですが、そうではありません。どうやって食べたらいいのか、その時初めて考えます。でも、完成がイメージできません

とりあえず鍋に入れて火を通し、僕の人生みたいに成り行き任せでいきますか。鍋の中でジュージューといい始め、サラダ油を上から少々回しかけます。その後、塩コショウをして白ワインを注ぎます。

f:id:NoelCorporation:20200130111702j:image

うーん、それでも次の一手が浮かんできません。「ミルフィーユ」は熱を吸収すると、水分が流出するので次第に量が少なくなっていきます。洋風の鍋になると思ったのですが、これでは鍋ものになりません

もういいや、炒めよう。急きょ戦略を変更。冷蔵庫のなかからシイタケと長ネギを取り出し、適当な大きさに切って鍋に投入します。それにオイスターソース、ごま油で風味をつけ、とろみを効かせます。

ちょうど炊き立てのご飯があったのでドンブリによそい、「ミルフィーユ」をその上に乗せました。予想外の展開となりましたが、ハイ「ミルフィーユ丼」の完成です!って、中途半端な中華丼じゃないの。

f:id:NoelCorporation:20200130111632j:image

今から考えると、ポン酢味でいくべきでした。それから、クリーム煮にしてもよかったでしょうね。

いずれにしても、期待を大幅に下回る成果となり、かなりガッカリ。やはり、成り行き任せだと不完全燃焼の人生になってしまいます。はからずも、この「ミルフィーユ」からそのように学びました。

(おわり)