PTコピーライターの食卓

二子玉川在住、個人事業主のテーブルトーク

牡蠣めし弁当 スーパーの逆襲

今が旬の牡蠣。最もシンプルに味わうとすれば、やはり牡蠣めしではないでしょうか。どこに行ってもゲットできるものではありませんが、最近はわりと身近なところで見かけます。それも、かなりのハイレベルです。

f:id:NoelCorporation:20200201185930j:image

ライフ桜新町店の牡蠣めし弁当は見ての通り、結構大柄な牡蠣の身で、豪快なので嬉しくなります。近隣の川崎市などにあるライフの別の店舗ではまず見ないので、桜新町店のオリジナル・メニューと推測します。

作った経験はありませんが、自分なら牡蠣をしょう油、みりん、塩で軽く煮て、牡蠣がミディアム程度に煮立ったら別に移し煮汁でご飯を炊きますね。そして、ご飯が炊きあがった牡蠣をご飯と一緒に蒸らす、って感じでしょうか。

最初から牡蠣とご飯を一緒に炊いたら牡蠣の身にプリプリ感がなくなってしまうので、蒸らす過程で一緒にしますね。ライフの牡蠣めし弁当を眺めていたら、そのような作り方が浮かんできました。

f:id:NoelCorporation:20200201190023j:image

本格的な牡蠣めしなら、産地を訪れるか首都圏など専門店に行かなければ食べられません。でも、そういうものがスーパーの総菜コーナーでカンタンに手に入れられるなんて、ありがたいことじゃないですか。

金額的にも、1個500-600円ぐらいですから。名店のものに比べれば価格は半分程度ですが、クオリティは全然劣っていません。自宅では電子レンジで温めても、そのまま常温でも、どちらでもいけます。

大体、スーパーの弁当類などは売れ残った食材を有効活用しているでしょうけど、ライフの牡蠣めしはそんな感じがしませんね。店員さんたちが「これ売れないから弁当行き」なんて話していないでしょう。

f:id:NoelCorporation:20200201190134j:image

実はこの弁当シリーズにはホタテとアサリもあり、いずれもレベルはかなり高めです。牡蠣と3つ並んでいると、どれにするか迷います。

これらの3種類の具材が中途半端にあまったものを1つにしたスペシャル版が時々ありますね。その上にイクラをふんだんにかけたら、もっとスペシャルなのにな。そんな浮世離れの妄想も楽しめます。ウフ。

(おわり)