PTコピーライターの食卓

二子玉川在住、個人事業主のテーブルトーク

二子玉川発/「グリーン・マーケット」の夏野菜でラタトゥイユ

玉川高島屋西館で毎月開催されている「タマガワ・グリーン・マーケット」。全国各地の名産を集めたイベントで、ナスやトウガラシなど夏野菜を入手し、ラタトゥイユを作ってみました。

f:id:NoelCorporation:20190706020717j:image

西館1階アレーナ・ホールで毎月第2土曜・日曜に開催されるこのイベントは、二子玉川ではすっかり定着したようです。海の幸から採れたての野菜やフルーツ、調味料、出汁・・・全国の名品がそろっています。当日自宅配送サービスもあるので、買いすぎても安心です。

スロープを降り、約40店が立ち並ぶショップエリアに入っていくと、すでに多くの人でにぎわっていました。店の人のセールストークなどに聞き耳を立てながら商品を眺め、細長い会場をゆっくり時計回りに進んでいきます。

駿河湾で獲れた青魚の削り節が気になりました。価格は1-2割高めですが、スーパーなどではほとんど取り扱っていない珍しい調味料なども取り揃えてあり、見るだけでも楽しめます。

そこで高知県産の野菜を扱うショップで、ナス(150円)と香辛料ではなくピーマンが細長くなったような伏見甘トウガラシ(200円)を購入しました。ナスもトウガラシも特大サイズで、計350円はかなり割安感があります。

f:id:NoelCorporation:20190706020907j:image

会場のアレーナ・ホールは以前イタリアン・レストランだったことを思い出し、大皿料理のイタリアンを盛大に食べてみたい気分になり、メニューを考えながら家路につきました。

自宅の冷蔵庫にベーコンとマッシュルームがあったので、その日はラタトゥイユに決定!フライパンに多めのサラダ油を用意して、やや大きめに切ったナスを揚げるように炒めた後、やはり大きめに切ったトウガラシを投入します。

それを別の皿に移した後、オリーブ油にベーコン、マッシュルームをソテー。ナスとトウガラシをフライパンに戻し、トマト大2個を一気に入れて煮詰めていきます。

f:id:NoelCorporation:20190706020941j:image

この時、ズッキーニを買い忘れたことに気づきました。ま、いいや、先に進みましょう。

味付けは、塩コショウに赤ワイン、酢、それに味噌と醤油を少々、最後に黒オリーブを加え、粉チーズをパサッパサッ。スパイスにバジルとナツメグを振りかければ、立派なイタリアンです。

ラタトゥイユは本来冷やして食べるのが王道かもしれませんが、空腹だったせいでアツアツのままいただくことにします。これはバゲットによく合いますね。ナスとトウガラシしか買っていませんが、高知県の夏野菜を堪能しました。

(おわり)