PTコピーライターの食卓

二子玉川在住、個人事業主のテーブルトーク

東京ロックダウンとローソンのメロンパン

新型コロナウイルスの蔓延で、東京のロックダウン(封鎖)の可能性が浮上しています。日本で爆発的な感染(オーバーシュート)を避けるためには、仕方ない措置かもしれません。

f:id:NoelCorporation:20200326113758j:image

東京都の小池百合子知事は3月23日の記者会見で、都市封鎖の見方に言及しました。イタリアとスペインで感染による死者が中国を上回る事態を考えれば、当然と言えるでしょう。

国際金融市場の乱高下でリーマンショックと比較されますが、新型コロナと人類の戦争であり、生命と生活の両方を守らなければならない点でリーマンショックとは異なります

f:id:NoelCorporation:20200326113919j:image

とにかく感染拡大を抑えなければ「将来」や「未来」、もしかしたらもっと手前の「今後」あるいは「目先」まで消えてしまう、とめいめい自覚を持つことが重要と思われます。

封鎖が感染の抑制に有効であるなら、2週間程度は覚悟しましょう。でも、その間の食料をどうするか、という死活問題に行き着きます。

f:id:NoelCorporation:20200326113946j:image

東京都内のスーパーなどには、すでに食料品や日用品を求める人々が殺到しているもようで、また買い占め騒動かとウンザリしてきますね。

それにしても、こういう危機モードの時の企業の対応って、後になって評価、もっと言えば株価などに影響が出てくるのではないかと考えます。

例えば、コンビニ。コロナ感染拡大にもっとも敏感に反応したのはローソンでしたね。学童におにぎりの無償提供をいち早く決め、動き出しました。ファミリーマートやセブンイレブンは遅い

f:id:NoelCorporation:20200326113833j:image

記憶が確かなら、ローソンは東日本大震災の時も社会貢献的な活動を真っ先に始めたのではなかったでしょうか。

そんなローソンに敬意を表し、このたび会員になりました。その記念として「発酵バターが決め手!ふんわりメロンパン」(税込み116円)を買って実食。味わいはともかく、活動には敬意を表します。

(おわり)