PTコピーライターの食卓

二子玉川在住、個人事業主のテーブルトーク

超便利!NOムダ!美味!鶏モモ肉の塩ゆで

ハムやベーコンなどの加工肉は便利なので、時間がない時の調理にはつい頼りがちになりますよね。でも、製造工程が見えにくいものはあまり口に入れない主義で、日ごろこういうものを作って保存しておきます。

f:id:NoelCorporation:20190601145116j:image

といっても、鶏モモ肉を水+ワイン+塩でゆでただけ。味付けは塩のみ。あまりにもカンタンなので料理とは言えないかもしれません。これをスライスしておくとホント便利なんですよ。よく作るのは、アボカドとマヨネーズで和え黒コショウを振ったものをバゲットに挟んだサブウェー風サンド。所要時間は5分程度でしょう。

先日はラーメンの麺が中途半端に余ったのでサラダの具として活用したのですが、その際に蒸し鶏のような仕事ぶりに感心しました。レタス、ゆでてごま油を絡めた麺、その上に鶏モモ肉を載せます。さらに細切りのショウガと長ネギ、最後にポン酢を回しかけます。居酒屋にラーメンサラダという立派なメニューが存在しますよね。

f:id:NoelCorporation:20190601144728j:image

他にも、野菜と炒めて中華風に、キノコ類と焼いてペペロンチーノに、あるいはザクザク刻んだ玉ねぎとのミートソースに、そのままシンプルにそうめんの具に、わさびマヨネーズで味付けしておにぎりの具に・・・なんでもいけますね。会社で誰と組んでもいい仕事をする人、安定した人間関係を築ける人、そんなイメージです。

ゆで汁がまたエライので、ゆで終わったからといって捨ててはダメです。鶏特有の甘味と塩味がワインの仲介で溶け合った、極上のスープに仕上がっています。以前ご紹介したラーメンのスープに、カレーやシチューの煮汁に、あるいはパエリアに使ってもいけるでしょうね。油が少なく健康上、不安がありません。

 www.pt-copywriter.com

 鶏肉と豚肉、牛肉の栄養素を調べてみたら、鉄分と脂肪は豚肉が、コレステロールは牛肉が多いぐらいで、比較するとそれほど大きな違いはみられません。ただ、鶏肉は最もクセがないので身体に害がなさそうに思えます。やはり「誰と組んでもいい仕事をする」タイプと言えるかもしれません。

作る際に気を付けたい点は、水+ワイン+塩に鶏モモ肉を投入してから火を付けて煮込むということ。水+ワインを煮立たせてから鶏モモ肉を投入するのと比べ、出汁の出方に微妙な違いが感じられます。また、鶏肉はムネではなくモモを使いましょう。それから、ワインの量はお玉2杯程度。ま、そんな感じかな。

ソレニシテモ、この「料理」には名前がありませんね。

(おわり)