PTコピーライターの食卓

今日も気ままに生きてます。以上!

グルメ-レシピ

麻婆豆腐の作り方 「本格」目指すなら甜面醤だけど・・・

来客用に麻婆豆腐を用意することになり、いつもと少し違う方法で作ってみました、甜面醤(テンメンジャン)を久々に使ってみたら、やっぱり本格的な味に。ただ、やっぱり甘すぎるかな。 麻婆豆腐は通常、豆腐と肉味噌を別に調理します。豆腐は一口大に切った…

チンジャオロースー 味付けがシンプルだとこんなに美味

テレワーク仲間の来客で、数年ぶりに作ったチンジャオロースー。、従来通りホントにシンプルに仕上げました。でも、ブランクを感じさせず、美味度がさらに上がったかな。 チンジャオロースーは、ずい分前から作っていました。材料を細長く刻み強火で炒めるだ…

自作ラーメン 煮干し×昆布×かつおぶし

自作のラーメンはさらに進化を遂げ、自身最高レベルに達しました。今回のポイントは、出汁に使った煮干しをすべてスープにしたことです。誰でもできます。 いつものように、煮干しと昆布を水出しして一晩寝かせます。翌日はトロミがつき、それだけでもかなり…

シンガポール焼きそば エビ×スナップエンドウ

冷凍庫でエビを発見した瞬間、チャンギ空港の広大さに感動しながら食べた焼きビーフンを思い出しました。それを再現しつつ、ちょっと変わった焼きそばに仕上げます。 アジア有数のハブ空港として知られるシンガポールのチャンギ空港。10年以上前ですが、アフ…

春巻は揚げないで作る でもトースターにはご注意

皮に包むところまで完成した春巻を購入し、自宅で調理していたら失敗してしまいました。そこで、揚げずにトースターを使う方法を考えました。でも、これは注意が必要ですね。 スーパーで冷凍保存可能な食材を探していたら、精肉コーナーで春巻を見つけました…

自作ラーメン スープは煮干し×昆布×鶏モモ肉

強硬なラーメン原理主義者からは「邪道」と一蹴されてしまうかもしれません。でも、自分がこれまで作ったなかでは最高傑作と断言できます。化学調味料なんて、もちろん使ってません。 目指すは「身体に悪くない麺類」 スープから具材、麺に至るまですべて自…

ミートソースを和風にアレンジ コツはですね・・・

新玉ねぎを使って何か作りたいと考えていたら、浮かんできたのがミートソース。冷蔵庫にニンニクはないけど、鶏モモひき肉とシソの葉があるので和風でいけるかもーん。 昭和の時代に立ち戻る 過去にはよく作ったけど、最近ご無沙汰のメニューってけっこうあ…

おにぎりの作り方 ラップ使用で直接触らない

コロナ禍により手で直接何かを食べる機会は激減しました。おにぎりだとそうはいきませんが、この方法で作ればそれほど気を使わなくても大丈夫です。 長い間胚芽米を食べてきたのですが、このところ白米の美味しさに取りつかれ、よく炊いてしまいます。色々な…

О型男の作る初ドーナツ 文句ある?

「菓子パン+コーヒー」という毎朝の楽しみをコロナ禍で奪われ、自分で作るしかありません。家にあるホットケーキミックスを使えばできるでしょうか。 「男子厨房に入らず」なんて最初から無視していますが、スイーツ系は男が作るもんじゃないという感覚は、…

自分で作る牡蠣の麻婆豆腐 所要約10分

「牡蠣はRのつく月に」との俗説を信じる方にとって、4月は年前半に味わう最後のチャンス。真牡蠣を使った麻婆豆腐なんか、自分でカンタンに作っちゃいましょう。 「Rのつく月に」はゼッタイ俗説 牡蠣とくれば「R問題」。今さら説明の必要もないぐらいですよ…

しらす丼って美味しいね 超カンタン手抜き料理

非常事態宣言に向かっているのか、不穏なムードですね。でも、世の中は春。緊張感を持ちつつも、季節に反応する感性は持ち続けましょう。ちょうどいいのがありますよ。 それはしらす丼。白いご飯の上に大根おろしをぶっかけ、さらに釜揚げしらすをドサッ。す…

新年度入りはサグカレーで コロナ便乗商法に気を付けろ

新型コロナウイルスの影響で、いつもと違う新年度。こんな時はサグカレーで景気づけといきましょう。勢いで、便乗商法なんて蹴散らしてやろうぜ。 新年度入りって、春の正月のようなもんですよね。気分が一新される気がします。大体桜が咲き乱れる季節だし、…

中華粥 心も身体も疲れませんか?

正体不明のウイルスと人類との戦いに、すでに疲れ果てましたね。何か優しい食べ物に癒されたい、と思ったらこれがおススメです。 世界での感染者数は、もう50万人に達したんですね。イタリアでの深刻な状況をニュースなどで読み、とにかく気の引き締まる思い…

ロイヤルミルクティーと英国王室の欺瞞

品薄のなか辛うじてゲットした牛乳で作るロイヤルミルクティーで、身体が芯から暖まりました。新型コロナウイルスの蔓延で寒々しい日々は、まだまだ続きそうです。 週末のスーパーで、やはり牛乳は売り切れでした。たまたま立ち寄ったコンビニで発見し、値段…

初心者向け ちりめんパスタをスプーン1本で作る

自分が料理を始めたころからずっと作り続けているのが、小魚を使ったパスタ。今は珍しくもなんともありませんが、今日はゆずで「和テイスト」を強調してみました。 しらす、ちりめん、じゃこ・・・違いはわかりますか?僕はあまりよくわかりませんが、「しら…

カツ丼の作り方を変えてみる 長ネギ使用でリベンジ

正体不明のウイルスの蔓延は、生活習慣を見直すという作用をもたらしているのではないでしょうか。手を「よく洗う」のはその1つ。ついでに、カツ丼の作り方も変えてみました。 カツ丼に使うネギは、関東では古くから玉ネギが常識とされています。自分も子ど…

アサリの砂抜き15分でボンゴレ2回目 人生も2度あれば

アサリの砂抜きは、ぬるま湯なら15分程度で済むはず。前回は完全ではなかったので、もう1度試してみました。しかし、ボンゴレを食べている途中、ちょっとショッキングな連絡がありまして・・・。 アサリの砂抜きは従来、塩水に浸けて大体1-2時間という手法を…

もつ煮込みを自分で作る 柔らかやさしー

世界同時株安なら何度か経験していますが、同時暴落は初めて。リーマンショックを超える破壊力に、恐怖を感じますね。幸い、長時間煮込んだ料理がそれを和らげてくれました。 2008年のリーマンショックの際、ドル・円が一気に7円ほど円高になって「うわっ、…

小エビと春キャベツのパスタを自分で作る

子どものころからプラモデルが大嫌いで、大人になっても他人の作った設計図に従うことができません。何かの障害なのかもしれませんが、好ましい点もあります。 小学生時代のバースデー・プレゼントで、最もうれしくないのがプラモデルでした。いただいておき…

新型コロナ時代の幸福とイタリア風肉じゃが

正体不明のウイルスに怯える日々が続いています。この先は、確実に訪れる不況にも準備が必要になってきました。おもしろきこともなき世をおもしろく過ごすには、どうしたらいいでしょうか。 ウイルス感染者は世界的に増加の一途で、被害の全体像を把握するの…

カレー粉だけでカレーを作ってみる

「カレー」のことを考えただけで、人は誰でも頭の中が黄色く染まってしまうものです。しかし、先日は調理している最中に、黄色ではなく真っ白になりました。 ご近所さんから菜花(なばな)をいただき、いつものようにカレーを作っていました。まずは塩コショ…

揚げ物の温め方 トースターならカンタンで美味

ご飯なら冷めた方が美味と感じるケースもありますが、揚げ物はいただけませんね。今回初めて試した方法は食感などそのままで、かなりおススメ。 アジフライにメンチカツ、エビフライも・・・。スーパーなどでの買い物中、特に食欲があるわけでもないのに揚げ…

ファミチキ カンタンにして最強の食べ方はこれ

またしても、本来なら利用したくないコンビニ。しかし、一刻も早く空腹を満たさなければなりません。しようがない、ファミリーマートの商品のなかでは唯一許せるファミチキを買ってみましょうか。 ファミマで迷うのが、ファミチキ(税込み180円)、スパイシ…

旬の生めかぶ ネバネバの栄養を摂る

魚介や海藻にはグロテスクな形状のものが多くありますが、生めかぶもその1つ。最初に食べた人はホントにエライ。免疫力アップにも良さげなので、自分で下処理して味噌汁にしました。 スーパーの鮮魚コーナーでたまに見かける生めかぶ。納豆のようにパッケー…

カツ丼 長ネギを使って失敗

ドンブリ界の総元締め、カツ丼。その日の献立に組み込まれた瞬間からテンションが急激に上昇するのは、僕だけではありません。しかし、失敗すると、期待の7.4倍の打撃を受けると推測されます。 トンカツ発見で「カツ丼」を機関決定 自宅で揚げ物はほとんど作…

アサリの砂抜き15分でボンゴレを作る

これから本格的なシーズンを迎えるアサリ。メンドくさい砂抜きを短時間で済ませる方法を知り、さっそく試してみました。やっぱりアサリそのものを味わうにはボンゴレかな。 アサリの砂抜きというと、塩水に2-3時間(?)か浸すというのが正統な方法かもしれ…

菜花のザグカレー 手抜きレシピでやみつきに

とうとう円が売られる事態に。そんな時に不謹慎ながら、菜花(なばな)のカレーがやみつきになってしまいました。しかも、カンタンに作れちゃう。 シンガーソングライター井上陽水は初期のころ、「傘がない」という楽曲でこう歌っています。 都会では殺伐と…

水餃子 超手抜きレシピだけどお許しを

人前でくしゃみや咳をしないタイプなんですが、ここ数日はゲホゲホ、ズルズル。世の中的にこのタイミングだと、なんだか嫌な感じ。そんなわけで、少々具合が悪いので手抜き料理でお許しください。 ちょっと免疫力が低下しているのかな、と感じるのは毎年4月…

菜花のレシピ ザグカレーで一発勝負

菜花(なばな)を初めて見た瞬間にひらめいたのは、ザグカレー。本来はホウレン草を使った一品ですが、こちらでもイケると確信しました。実際に試してみると・・・。 本日も野菜の自販機で菜花をゲット。1束=100円ですからね、申し訳ない価格です。それに敬…

幻のバレンタインチョコ・カレー

バレンタインデーって、結局何を食べる日なのでしょうか?チョコレートといってもご飯のおかずにも、ラーメンのトッピングにもなりません。そこで「迷った時はカレー」という格言を思い出しました。 そんな格言はありませんが、長い料理人生における1つの教…